• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

教育実習

教育実習について

教育実習とは、講義などを通して学んだ知識をもとに、学校教育の現場にて、教員としての知識や技術を学校長および指導教員のもとで修得するものです。

これは教育職員免許状取得に必要な要件であり、本学では、幼稚園教育実習を3年次または4年次に4週間、小学校教育実習・中学校教育実習を3年次、それぞれ4週間に渡り行います。

本学は長年の地元岐阜県教育での実績から、実習指定校が多数あり、学生が教育実習を行う上で最良の環境が整っています。

小学校教育実習

小学校教育実習
実習の時期と期間は、3年次に4週間です。
詳細ページ

中学校教育実習

中学校教育実習
実習の時期と期間は、3年次に4週間です。
詳細ページ


幼稚園教育実習

幼稚園教育実習
実習の時期と期間は、3年次・4週間または4年次・4週間です。
詳細ページ


教員のステップ

STEP01 教育実習の5ヶ月前から実施するオリエンテーションや教育実習特別講義。中でも教育実習特別講義は定期的に開講し、実習の心構えや現場での注意点などを指導します。
大学近隣の幼・小・中学校でスタート。授業や部活の指導など、現場の教員と同じように子どもと接します。教員の方々に経験などを聞く数少ないチャンスでもあります。
実習の感想や反省点などをまとめながら、現代の教員に必要な点を再認識し、残りの大学生活で何を学ぶべきかを考え、教員への決意をあらためて固めていきます。
教員になるための最終関門です。合格すれば、幼稚園、小学校、中学校、高等学校で教員として活躍することができます。

岐阜聖徳学園大学教育学部独自の実践的カリキュラム

1年次からの教育現場を観察・体験する「クリスタルプラン」

「教育学部」関連情報


資料請求