• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

7月23日「えなしこどもフェスティバル」に参加

イメージを拡大
7月23日「えなしこどもフェスティバル」に参加

 7月23日(日)、恵那市教育委員会より「えなしこどもフェスティバル」への出展依頼を受け、本学は『-196℃の世界』というテーマで、理科実験のブースを出展しました。

 その『-196℃の世界』を様々な角度から実験を行い、普段の生活の中ではありえない不思議な『世界』を子供たちに体験してもらいました。 


イメージを拡大
7月23日「えなしこどもフェスティバル」に参加

イメージを拡大
7月23日「えなしこどもフェスティバル」に参加


 ・膨らんだ風船が、一瞬の内に縮み、体温によってまたもとの膨らんだ風船に・・・。

 ・あの柔らかなバラの花びらが一瞬の内に凍り、手で握るとばらばらに砕け散って・・・。

 ・バナナで釘打ち。途中でバナナがパリンパリンに割れて・・・。

 ・フィルムケースのふたが突然に「パン」と大きな音を出して飛んでいく・・・。

 ・ピンポン球がペットボトルの中で勝手に動き出す。

 ・-196℃の液体窒素の中に手を入れたらどうなる・・・?

 ・実際に手を入れた大人や子どもたちの反応は・・・?

など、子どもたちの目の前で様々な実験をしました。子どもたちは目を輝かせて、その実験に参加していました。