• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

古墳時代の気候変動と植生変化・人間活動の密接な関係

イメージを拡大
古墳時代の気候変動と植生変化・人間活動の密接な関係

 本学教育学部・川上紳一教授は、岐阜大学大学院教育学研究科の内藤さゆり修了生、教育学部の勝田長貴准教授らとの共同研究で、岐阜県大垣市の荒尾南遺跡の花粉分析を通じて、弥生時代から古墳時代における気候変動と人々の生活様式の変遷を明らかにしました。古墳時代の寒冷化によって稲作が放棄され、周辺の森林が伐採されたり焼畑が行われた結果、二次林として松林が広がりました。

このことは、古墳時代の世界的な寒冷化にともなって、中部日本でも人々の暮らしや植生に大きな変化があったことを示します。

本研究成果は、国際第四紀学連合(INQUA)の国際誌Quaternary International誌に発表されました。




[お問合せ先]

研究室直通:058-279-6786

教育学部教授 川上紳一  教員情報