• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

地域歴史文化大学フォーラムin名古屋「地域資料保全のあり方を考える」が開催されます

日 時 2019年12月22日(日)10:00~11:30,13:00~17:30
場 所 名古屋大学東山キャンパス(地下鉄「名古屋大学」駅下車1番出口)
イメージを拡大
地域歴史文化大学フォーラムin名古屋「地域資料保全のあり方を考える」が開催されます

 東海地域では、南海トラフ地震による激甚災害が確実視されています。また、異常気象による大水害の危険性も指摘されています。
 このような状況を踏まえ、本学教育学部では、東海地域の大学や人間文化研究機構と連携し、歴史文化の保存・継承と防災対策を考えるフォーラムを開催します。

【第1部】ワークショップ 10:00-11:30
「資料の緊急対応を考える」
会場:文系共同館 1階 1AB講義室
  ( 大学院人文学研究科・文学部棟南側)
 ※第1部 ワークショップは事前予約制です。
 (参加定員30名)

【第2部】シンポジウム 13:00-17:30
「歴史文化の保存・継承と防災対策
        ―東海資料ネットの設立に向けて―」
会場:大学院人文学研究科・文学部棟 2階 第237講義室

【参加費】
無料

 ※第1部 ワークショップの受付は終了しました。