• 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 幼児教育学科第一部
  • 幼児教育学科第三部
  • 国際文化研究科
  • 経済情報研究科

短期大学部を知る4つのポイント

幅広い実習先。

幼稚園や保育所(園)に加え、児童福祉施設や障がい者支援施設など、多数の施設と連携し幅広い実習を行っています。さまざまな施設での実習を経験することで、就職先の選択の幅を広げます。
幼稚園教諭と保育士は共通する部分も多いですが、いろいろな違いがあります。また保育士は保育園だけでなく、さまざまな施設で勤務できます。本学では幅広い実習先を用意しています。

豊富な実践の場。

学外実習のほかに「あそびひろば」「児童文化」など実践力を養う学びがあります。子どもたちとのふれあいをとおして、保育の場で求められる実践力を高めていきます。

充実の就職サポート。

一年次(第三部は二年次)の前期から、就職サポートがスタート。資格取得講座や就職対策講座、マナー講座に加え、個人面談も複数回行います。学生ひとりひとりの要望や適性を考え就職指導を実施。また、卒業前には聖徳会による新任者研修会も行うなど、スムーズに保育の現場に順応できるようフォローしています。

2年間で学ぶ第一部、3年間でじっくり学ぶ第三部。

第一部は2年間で学び、第三部では3年間かけて学びます。第三部の授業は午前のみなので、時間的なゆとりがあり、働きながら学ぶことも可能。また、学費も軽減されています。学びのペースは違いますが、学びの内容や取得できる免許状・資格は、第一部と第三部で同じです。