• 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 幼児教育学科第一部
  • 幼児教育学科第三部
  • 国際文化研究科
  • 経済情報研究科

短期大学部を知る3つのポイント

豊富な学外実習で子どものこころを理解する。

幼稚園・保育園・養護施設・障がい者施設など、学外のさまざまな施設と連携して豊富な実習を実施。たくさんの子どもたちとふれあい、実践力を養います。また、目的意識を持って実習にのぞめるよう、実習前に事前見学を行い、現場での学びをより充実させています。

充実した施設設備で、実践力を高める。

子どもを取り巻く文化についての理解を深め、言語表現等に関する知識や技術を習得するカリキュラムを豊富に展開。たとえば、人形劇を題材に学習を進める「児童文化」では、人形・大小道具・脚本の製作から音響・照明までを学生自身が担当。創造力や表現力、企画運営力などを身に付けます。実習室には、プロ並みの人形劇を上演できる本格的な舞台を設置。本学ならではの施設です。

2年間で学ぶ第一部、3年間でじっくり学ぶ第三部。

第一部は2年間で学び、第三部では3年間かけて学びます。第三部の授業は午前のみなので、時間的なゆとりがあり、働きながら学ぶことも可能。また、学費も軽減されています。学びのペースは違いますが、学びの内容や取得できる免許状・資格は、第一部と第三部で同じです。