• 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 幼児教育学科第一部
  • 幼児教育学科第三部
  • 国際文化研究科
  • 経済情報研究科

教育学部を知る5つのポイント

小・中・高・幼の教員免許状が同時に取得可能。

独自の教育システムにより、小学校教員免許状に加えて、中・高・幼の教員免許状を同時に取得することが可能です(保育専修除く)。さらに、学習指導要領の改訂など、めまぐるしく変化する教育現場のニーズに対応するため、専門科目を再編。近年増加傾向にある小中一貫教育を見据えて、初等教育・中等教育を統合して学べるカリキュラムを設置しています。

教育現場での実践・体験を重視。

1年次から4年次までの各年次において、小学校・中学校・幼稚園で体験学習や実習を行う「教職体験科目群(学校ふれあい体験・教育実践観察・教育実習)」を設置。教育現場でのさまざまな実体験を通じて学びを深めることを目的としており、本学部の特色のひとつとなっています。さらに多くの教育現場を体験できる学校インターンシップも実践的な学びとなります。

企画から運営までを学生自らが行い、
成長していくプログラム。

公募した約150人の小学生とさまざまなイベントを年7回行い、子供たちとふれあいます。学生自身が企画・運営を行うのが大きな特徴。ひとつのことを成し遂げる体験を積み、学校行事の運営に必要な能力を育みます。

体験重視プログラム「クリスタルプラン」

  • 学校ふれあい体験
  • 教育実践観察
  • 学校インターンシップ
  • フレンドシップ&教育実習

教育現場の「今」をとらえた、充実のカリキュラム。

国際化や情報化など時代の流れに対応できる教員を養成するため、児童英語教育、ICT関連科目などを充実させています。また、増え続ける子どもたちのこころの問題に適切な対応ができるよう、教員にふさわしい豊かな人間性を養う教育にも力を入れています。

高い就職率を可能にする万全の就職サポート。

2016年3月卒業生の教員就職率は、76.5%。40年以上にわたる歴史の中で培われたノウハウをもとに、教員経験者による講義や教員採用試験対策講座をはじめ、面接官経験者を招いた講座や論作文対策まで、試験突破に向けて、万全の対策を実践しています。