• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

仏教保育を学ぶ

イメージを拡大
仏教保育を学ぶ

 平成29年9月11日~平成29年9月13日、短期大学部の集中講義「保育内容特論Ⅰ」(仏教保育論)で仏教保育や真宗保育の理念を理解し、仏教的情操教育について学びました。

 講師は本学専任教員3名の他、岐阜県内にある仏教系の幼稚園や保育園、認定こども園の園長先生3名を外部講師としてお招きし、保育者としての心構えや仏教に関する諸行事の意義や作法について、ご指導いただきました。

‹実施内容›

仏教保育の理念、仏教保育の歴史、仏教保育のカリキュラム、仏教保育の行事、仏教保育の教材、生活の中の仏教保育、保育者の心構えなど。

外部講師

9月11日(月)池田こども園 園長 野村 法宏 様

9月12日(火)ひかり幼稚園 園長 加藤 憲 様

9月13日(水)明応保育園 園長 佐々木 真 様

「保育内容特論Ⅰ(仏教保育論)」を履修した学生の感想

・仏教保育の基本的理念を学び、命の大切さを実感した。動物だけでなく、植物にも命があり、私たちはその命をいただいていることに感謝していきたい。

・思いやりは仏教保育の原点であることや「ありがとう」などの言葉の大切さを実感した。

・保育者として、思いやりはしつけたり教えるものではなく、真似たり、自分で気付き、自然に育つものであることを教えていただいた。この授業で学んだことを今後の授業や将来の職場で活かしていきたい。

【お問い合せ先】
 岐阜聖徳学園大学短期大学部 岐阜教務課

 TEL 058-278-0731 Email gifukyomu@shotoku.ac.jp


イメージを拡大
仏教保育を学ぶ

イメージを拡大
仏教保育を学ぶ