• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

『保育者』として人と関わることとは・・・

イメージを拡大
『保育者』として人と関わることとは・・・

 平成30年6月2日(土)「保育実習指導」において、6月に施設実習を控えている幼児教育学科第一部2年生を対象に、児童養護施設 乳児ホームまりあ ユニットリーダー 藤野 育代氏によるご講話をいただきました。

 本講話は、「保育実習(施設)指導」の一環として、藤野氏から児童福祉施設で預かっている子どもの実態から、そこで働くことはどういうことなのか、施設が求める保育者像や実習に対する心構えについてお話しをしていただきました。

 本講話を通じ、学生は実習へ臨む前にもう一度、児童養護施設(特に乳児院)で働くことの意味や意義について考え、保育者として人と関わるということについて具体的なイメージをもつことができました。

(講話内容)

・「児童福祉施設(特に乳児院)の実態 -入所児童の生活の実態など」

・「実習生の心構え」

・「人と関わる仕事とは(保育士という立場)」

~参加した学生の感想~

「今まで、幼稚園、保育園へ実習に行ったけれど、そのときと同じように何をしてあげようという考え方では、できない仕事だと感じた。何かをしてあげるということより、相手の気持ちを考え、『一緒に』生活していくことが大切だとわかりました。」

「実習先が児童養護施設で、関わり方に対して不安はあるが、まずは相手の気持ちを考えるという視点を忘れず、施設の職員さんの動きから学べることはたくさんあると思った。また事前に児童養護についてや社会的養護の理解をしていかなかればならないと感じた。一人一人かけがえのない命をもっている子どもたちとの関わりを大切にして実習を行いたいです。」

「乳児院等の施設において、保育者としての知識はもちろん、看護の知識も身に付け、一緒に生活するということに重点をおき、様々な視点から子どもの成長を見ていくことが大切だと思った。」

 なお、本学では、保育実習や教育実習の事前指導の一環として、実習へ行く学年を対象に年に6回、幼稚園、保育所、児童福祉施設等から講師をお招きしてご講話をいただいており、今回はその2回目になります。

【お問い合せ先】
 岐阜聖徳学園大学短期大学部 岐阜教務課

 TEL:058-278-0731

 Email:gifukyomu@shotoku.ac.jp