岐阜聖徳学園大学 岐阜聖徳学園大学短期大学部

教育課程編成の特色

高度情報・通信技術により、新しい経済フロンティアが開かれる一方で、グローバル競争の激化、少子高齢化の進展、地球規模での環境悪化など、課題も多くあります。これらの課題を打開するには、何よりも人的資源の充実が急がれていますが、それには学際的に幅の広い本学の教育スタッフによる多面的な指導が効果的です。経済情報研究科が提供する3つの分野は、異なるバックグラウンドを持つ学生に対し、それぞれの潜在能力をできるかぎり発揮しやすくするための仕組みであり、時代の要請に応じた人材を育成する上で大いに役立つでしょう。

社会情報分野

経済社会に浸透しつつある情報・通信技術の応用範囲の一層の拡大に貢献できる人材

応用情報システム論A・B 同演習I・II・III/情報数理基礎論A・B 同演習II・II・III/数值計算論A・B 同演習I・II・III/メディア情報処理論A・B 同演習I・II・III/高性能コンピューティング論A・B 同演習I・II・III/ビジュアルコンピューティング論A・B 同演習I・II・III/言語情報コンピューティング論A・B 同演習I・II・III/マルチメディア通信論A・B 同演習I・II・III/

経営・環境分野

情報・通信技術を駆使し、企業の効率化と社会の安定・安全の両立に寄与できる人材

会計学特論A・B 同演習I・II・III/国際経営特論A・B 同演習I・II・III/環境経済特論A・B 同演習I・II・III/マーケティング特論A・B 同演習I・II・III/経営管理特論A・B 同演習I・II・III/ファイナンス特論A・B 同演習I・II・III/

応用経済分野

経済学を応用して社会の要請に応えられる知識を備えて経済社会の活動を実践できる人材

ミクロ経済学特論A・B 同演習I・II・III/公共政策論A・B 同演習I・II・III/国際経済論A・B 同演習I・II・III/マクロ経済学特論A・B 同演習I・II・III/地域経済特論A・B 同演習I・II・III/行動経済学特論A・B 同演習I・II・III/

1. 大学院学生の研究室を設置

大学院学生専用の個人研究室(自習室・ブース)を設置しています。各研究室には机・椅子・保管庫・パソコンが置かれ、自分専用の研究室として自由に使うことができる環境を整えています。パソコンは常時インターネットに接続されており、リアルタイムで様々な情報を取得することができます。

2. ネットワーク・サービスを積極的に活用

社会人学生の就学を容易にするために、電子メールやWebページの利用だけでなく、今後登場する新しいネットワーク・サービスを積極的に活用した通信教育の方法を取り入れて学位取得を可能にする制度です。

ただし、ネットワーク・サービスにより取得可能な科目・単位数は、4科目・16単位以下で、1科目につき少なくとも8コマ(1コマ=90分)分は対面授業に出席する必要があります。

3. 専修免許状の取得

高等学校教諭一種免許状(情報)・(商業)を有する入学生は、必要単位の取得により高等学校教諭専修免許状(情報)・(商業)が取得できます。

「大学院」関連情報