• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

公開講座 [企業、官公庁、医療関係等で働く現役社会人対象]

2019年度地域・社会連携センター主催公開講座

お申し込み・お問い合わせは、こちらからお願いします。

公開講座パンフレット

企業、官公庁、医療関係等で働く現役社会人対象講座
1 フィンテック到来! 地域金融の存在意義は何か?
講師 加納 正二(経済情報学部教授)
日時 11月2日(土) 10:00~11:30
会場 岐阜キャンパス 3号館1階 313講義室
対象 企業、官公庁、医療関係等に現在勤務している方
定員 30名(先着順)
持ち物 筆記用具
内容 フィンテックとはIT技術を用いた金融サービスのことです。ビルゲイツは銀行業は必要だが、銀行は必要ではないと語りました。フィンテック時代の地域金融の意義を考えます。
2 Business Conversations in Theatre:Urgent, Unpredictable, and Real
(緊急で予測できない、そしてリアルな演劇でのビジネス会話) 
講師 トンプソン アラン(外国語学部准教授)
日時 11月16日(土) 10:00~11:30
会場 羽島キャンパス 9号館1階 9104講義室
対象 企業、官公庁、医療関係等に現在勤務している方
定員 24名(先着順)
持ち物 筆記用具
内容 Business conversations in theatrical plays have characters with urgent and conflicting goals in situations that change unpredictably. They are realistic in every way except that they are not boring. We will readand view, then practise conversations from ancient and modern plays, and from different parts of the world. While doing so, we will observe and comment on their diverse communication strategies.
(演劇でのビジネス会話は、緊急で対立的であり、状況を予期せぬ方向へ変える目的を持つという特徴があります。それは退屈させず、非常に現実的です。この講義では世界の様々な地域の過去、現代の演劇に登場する会話を読み、鑑賞し、朗読で練習します。それをとおして、多様なコミュニケーションのストラテジーを観察し、考察します。)
岐阜聖徳学園大学 地域・社会連携センター事務局

岐阜聖徳学園大学 地域・社会連携センター事務局

羽島キャンパス
〒501-6194 岐阜県岐阜市柳津町高桑西1-1
TEL: 058-279-6710/FAX: 058-279-6415