• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

介護等の体験

「教育職員免許法の特例等に関する法律」により、小・中学校教諭免許状を取得するには、介護等体験が義務付けられています。介護等体験には、「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教員免許法の特例等に関する法律」の趣旨(下記「その他注意事項」を参照)をよく理解して参加することが大切です。

期間と実施時期

証明書について

小・中学校教諭免許状申請時には、介護等の体験を行った施設等でその体験を証明する書類「証明書」(体験先より交付されます)が必要です。岐阜県教育委員会へ免許状の申請をする際、この書類を添付しますので、交付後は各自でしっかり管理してください。

その他注意事項

腸内細菌検査等が必要になります。詳細は担当教員からの指示に従ってください。

参考資料

義務教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期する観点から、小学校又は中学校の教諭の普通免許状の授与を受けようとする者に、障がい者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験を行わせる措置を講ずる。


「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教員免許法の特例等に関する法律」の趣旨(抜粋)

「教育学部」関連情報


資料請求