• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

GPA・CAP制度

本学では、平成19年度入学生からGPA制度及びCAP制を導入しました。

GPA制度

1. GPA制度とは

GPAとは、Grade Point Average (グレード・ポイント・アベレージ)の略で、欧米で一般的に行われている成績評価制度のことです。

2. 成績評価の判定基準とGPAの算出方法は

判定基準
判定評価評点GP内容
合格 秀(A) 100~90 4 特に優秀な成績
優(B) 89~80 3 優れた成績
良(C) 79~70 2 良好な成績
可(D) 69~60 1 合格と認められる成績
不合格 不可(F) 59点以下 0 不合格
認定 認定(T) 編入や留学などにより他大学等で修得した科目を本学の単位として認定したことを表す
失格 失格(G) 全授業数の3分の1を超える欠席の場合
試験を放棄した場合
算出例
授業科目名単位数評価GPGP×単位数
基礎セミナー I 2 A 4 8
宗教学 2 B 3 6
日本国憲法 2 C 2 4
英語 I 1 D 1 1
IT基礎 2 F 0 0
スポーツ演習 I 1 G 0 0
合計 10     19
GPA=19÷10=1.9

※ 履修した科目の成績評価をそれぞれのグレードポイント(GP)に置き換え、その科目のGPに単位数を掛け、その合計数を履修単位数の合計で割り、1単位あたりの平均点を算出します。

3. なぜ5段階評価なのか

従来の4段階評価から5段階評価(特に従来の「優」を「秀(A)」と「優(B)」に細分化)という、よりきめ細かな成績評価を行うことで、学修の到達度が一層明確になり、成績優秀者には一層のインセンティブが与えられます。また、教育の国際化に対応できるとともに、最近日本でもGPA制度と併せて5段階評価を導入する大学が増えていることから、他大学の制度との互換性を高めることにもなります。

4. GPAはどのように利用されるのか

GPAは、本来学生自身がそれぞれの学修到達度を質的に把握することにより、学生自らに自覚を促すための指標にすぎないのですが、その状況によっては、大学からの学修指導が行われることになります。しかし、GPA制度は、成績面から学生にペナルティーを課し、学生を管理することを目的とするわけではなく、学生の勉学を動機付け、励ます制度として導入された制度です。

なお、GPA制度では、単位を修得できなかった不合格科目(F・G評価の科目)も成績に加算されます。従って、不合格科目が多いとそれだけGPAが低くなり、その意味で学生の勉学への意欲や取組み方がはっきりと表れます。

5. GPAは何に役立つのか

GPAは高等学校の評定平均のように、学業結果を総合的に判断する指標として役立ち、従来の修得単位数という量的な判断に加えて、質的な観点からの判断の材料になります。履修指導のほか、成績優秀者、留学や奨学金受給者などの判定の基礎資料として使われる場合があります。

その他に、海外の大学に留学するにあたって、当該大学が書類選考の重要なデータとして取り扱う場合も少なくありません。また、企業等においてもグローバル化に伴って、学業結果を判断する指標として活用するところが増えてくるものと思われます。

6. 履修登録取消制度とは

履修登録取消制度は一旦履修登録した科目を取り消す制度で、履修登録をして授業に出たものの、

  • 1. 授業の内容が自分が勉強したいものと違っていた
  • 2. 授業のスピードについていけるだけの知識が不足していることに気づいた
  • 3. 健康上、履修科目数を減らしたい

などといった理由から履修を取り消すことができる制度です。
ただし、この履修取消期間内に学部事務室に申し出がなく、自ら履修を放棄した場合は、G評価(GP=0)となり、GPAが算出されるので注意が必要です。

CAP制

1. CAP制とは

CAP制とは学生が各学期に履修登録をする際、その登録科目数(単位数)の上限を定めた制度です。

2. 上限単位数はどのように決まるか

履修登録の上限単位数(基準値)は各学部ごとに設定されています。また、当該学期の直前学期のGPAによって上限単位数は変更されます。

直前学期のGPAと上限単位数
学部教育外国語経済情報
基準値 30 24 24
直前の学期のGPA3.0以上 34 28 28
2.5以上3.0未満 32 26 26
1.5以上2.5未満 30 24 24
1.5未満 26 22 22

※ 所定の履修科目の単位を優れた成績をもって修得した学生については、上限単位数を超えての履修登録を認めます。成績の状況が十分でない学生については、逆に、上限単位数を制 限することとなります。また休学や病気欠席等のやむを得ない事由により、その学期のすべての授業科目を履修できなかった場合、次学期の上限単位数はGPAと関係なく基準値となります。

3. なぜCAP制を導入するのか

CAP制を導入することで、単位制度を実質化(1単位当たり必要な45時間の学修時間を確保)し、学修すべき授業科目を精選することで、十分な学修時間を確保し、授業内容を深く身に付け、各学期にわたって適切に授業科目を履修するためです。

4. 全ての科目がCAP制の対象となるのか

CAP制の対象となる科目は、卒業要件に算入できる科目としますが、その他にも学部によって対象とならない科目があります。

※GPA制度の導入は大学院経済情報研究科経済情報専攻博士課程(後期)を除くが、5段階評価は導入

※CAP制の導入は教育・外国語・経済情報学部のみ