• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

岐阜聖徳学園大学の特徴

Point 1
仏教精神を基盤とした豊かな人間教育

仏教の精神を具体的にあらわす言葉として、本学園では聖徳太子の「十七条憲法」の第一条にある「以和為貴」(和をもって貴しとなす)や「平等」「寛容」「利他」を掲げています。

まず「以和為貴」とは、自己中心的で頑ななこころを離れたやわらかなこころのことです。
また「平等」とは、皆かけがえのない尊いいのちを持つことに気づくこと、「寛容」とは、あらゆるいのちの個性を受け入れ共感すること、「利他」とは、あらゆるいのちに奉仕することであり、それぞれが人間としてめざすべき精神なのです。

「以和為貴」。本学の理念を刻んだ石碑がキャンパスに。

「以和為貴」。本学の理念を刻んだ
石碑がキャンパスに。



Point 2
教育系大学だからできる、やる気を引き出す教育システム

本学は昭和47年に聖徳学園岐阜教育大学として開学。以来、40年以上にわたり、一貫して教育系の大学として教員の養成に携わってきました。この歴史に培われた教育者育成のノウハウは、人のやる気を引き出し、人を育てる教育システムとして、本学の確かな基盤となっています。

たとえば教育学部では、文部科学省により「優れた資質を持った教員を養成するプログラム」として採択された[実践的指導力養成クリスタルプラン]、また外国語学部では費用の全額を大学が負担する1年次対象の「フレッシュ海外体験プログラム」など、他大学にはない独自の教育システムが、本学教員や職員の手によって考案されています。多くの学生が参加することによって、より大きな成果を挙げています。

教員養成GP採択。「実践的指導力養成クリスタルプラン」

教員養成GP採択。
「実践的指導力養成クリスタルプラン」

1年次から体験。費用全額大学負担「フレッシュ海外体験プログラム」

1年次から体験。費用全額大学負担
「フレッシュ海外体験プログラム」



Point 3



学生・教員・職員が三位一体となった大学だからできるキャリアサポート

本学では、1年次から適性検査などをスタートさせ、就職に向けて「自己分析」などの意識づけを行います。3年次後半から始まる就職活動のためのベースがここで築かれます。

またキャリア支援を目的とした科目を各学部で設置、学びながら職業スキルを身につけたり、進路への動機づけを図ります。

さらに3・4年次のゼミでは教員が進路相談などに応じ、学生たちの就職活動をサポートします。就職課では10人の専任スタッフが常駐し、求人の開拓から学生へのエントリーシート記入、面接などのきめ細やかな指導を行っています。教員をめざす学生のためには、採用試験合格のためのさまざまな講義、対策講座などを実施、全国でもトップクラスの教員就職率を誇っています。また、看護師を目指す学生に対しては1年次から国家試験に向けた講座を開講しています。

教員採用試験も徹底サポート。合格者数は全国でもトップクラス。

教員採用試験も徹底サポート。
合格者数は全国でもトップクラス。

行けるところではなく行きたいところへ就職する、就職指導。

行けるところではなく
行きたいところへ就職する、就職指導。