• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

経済情報研究科

高度な専門知識と情報技術で新しい経済システムの構築を担う。

経済情報研究科では、情報化とグローバル化の進展がもたらす経済社会の課題に立ち向かうことができる専門知識人・研究者の育成を目指しています。様々な分野の知識を共有し、情報技術を活かせる人材を育てることで、地域の発展はいうに及ばず、日本および世界の経済への貢献を果たします。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

共通

岐阜聖徳学園大学は、建学の精神である「仏教精神」に基づく情操教育を大切にする質の高い人間教育を目指していますので、真理を追究し、あらゆるいのちの個性を尊重し、自己中心的なこころを離れ、世のため人のために尽くすことに喜びを感ずるような人材を求めます。

大学院経済情報研究科

大学院経済情報研究科では、高度な情報技術や経済及び経営に関わる専門知識の修得を基礎に、修了後に関連分野において活躍できる専門的職業人及び研究者を養成することを目標にしています。そのために博士課程(前期)では、学部での専門分野を問うことなく、入学目的や将来計画が明確で意欲旺盛な以下の方を募集しています。

・今後の職業や進路に資するために高度な技術や知識をより深く研究しようとする人

・実務や経験で得た知識を高い見地から整理統括して活用発展させようとする人

・社会のグローバル化の中で活躍を希望する留学生

さらに、博士課程(後期)においては、博士課程(前期)で修得した知識を基礎として、博士号の取得を目指したコースワークやトレーニングを行いながら、専門的研究を発展させようとする方を募集します。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

博士課程(前期)

所定の単位を修得し、修士論文または特定課題の審査に合格して、以下を達成したと看做されるものに学位を授与する。

  1. 現代経済の動向を正確に把握するための経済・経営理論を修得し分析能力を身につけている。
  2. 変動の激しい社会に適応するために必要な情報技術を活用する能力を身につけている。
  3. 経済および情報についての知識を活用することによって、企業や組織の活動に参加し、国民の福祉に貢献できるようになっている。

博士課程(後期)

所定の単位を修得し、博士論文審査に合格して、以下を達成したと看做されるものに学位を授与する。

  1. 経済や情報の高度な知識によって社会に広く貢献することができる実践的能力及び研究能力を修得している。
  2. 大学などの高等教育機関において高度な専門知識をもって、有用な人材の育成・教育をおこなうことができるようになっている。

カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

博士課程(前期)

  1. 講義、演習および修士論文指導を含む演習で構成する。
  2. 経済、情報、経営、環境などの異なる分野の知識を併せ持つ人材の育成に対応すべく、広い範囲にわたって科目を設定し、加えて、学際的な科目を取り入れる。
  3. 多彩なテーマでの修士論文作成が可能になるよう、修士論文指導を含む演習を15科目以上展開する。

博士課程(後期)

  1. 講義および博士論文指導を含む演習で構成する。
  2. 講義としては、経済や情報に関する専門的な科目と総合的な内容のオムニバス方式の科目を設定する。
  3. 経済情報における専門的研究による博士論文作成に幅広く対応できるよう、博士論文指導を含む演習を5科目以上展開する。

経済情報研究科の専攻

経済情報専攻(前期)【社会情報/経営・環境/応用経済】
情報社会の先端技術を体得し、企業経営や資源環境問題などの今日的課題に対応することの出来る人材を養成。
経済情報専攻(後期)【経済情報】
日本経済及び世界経済の発展の道を理論的に提示できる研究者・専門職業人を養成。

「大学院」関連情報


資料請求