• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

ICT活用指導力の育成

「外部評価を活用した教員養成課程におけるICT活用指導力の育成」プログラムとは、学校現場で求められる「教員のICT(Information Communication Technology)活用指導力」を教育学部の学生に確実に身に付けることを目的としています。

「教員のICT活用指導力」とは、コンピュータやネットワークを自在に操作して情報を教育活動に活用するだけでなく、教育活動にテクノロジーをどのように活用すれば効果的でよりよい学びを実現できるのか教育的な視点を持ってICTを活用する能力のことです。

社会の情報化が進展し、いつでも、どこでも、誰でもが、コンピュータを使ってネットワークにアクセスし、情報のやりとりをするようになりました。学校も例外ではありません。ここ数年、学校の情報通信基盤の整備が進み、インターネットの接続やパソコンの導入が進んでいます。新しい学習指導要領には、コンピュータやネットワークを活用した数多くの学習が掲載され、情報教育の推進が全ての教師に求められています。

「外部評価を活用した教員養成課程におけるICT活用指導力の育成」プログラムとは、学校現場で求められる「教員のICT(Information Communication Technology)活用指導力」を教育学部の学生に確実に身に付けることを目的としています。

「教員のICT活用指導力」とは、コンピュータやネットワークを自在に操作して情報を教育活動に活用するだけでなく、教育活動にテクノロジーをどのように活用すれば効果的でよりよい学びを実現できるのか教育的な視点を持ってICTを活用する能力のことです。

社会の情報化が進展し、いつでも、どこでも、誰でもが、コンピュータを使ってネットワークにアクセスし、情報のやりとりをするようになりました。学校も例外ではありません。ここ数年、学校の情報通信基盤の整備が進み、インターネットの接続やパソコンの導入が進んでいます。新しい学習指導要領には、コンピュータやネットワークを活用した数多くの学習が掲載され、情報教育の推進が全ての教師に求められています。

「教員のICT活用指導力」育成のための4つの取り組み

「教員のICT活用指導力」を育てるために、本学では以下の4つの取組を行っています。これらの取組を通して、本学教育学部出身であれば、情報に関して十分な能力と技能を身に付けているという社会的な評価を定着させることを目指しています。

1.�授業内容を改善

文部科学省が作成した「教育の情報化に関する手引き」や先導的教育情報化推進プログラムで作成された教員向けのテキストなどを利用して現在行われている大学の授業内容を改善しています。

2.�e-Learning システムの充実

本学が従来より運用しているe-Learning システムの中に「教員のICT活用指導力」に関するコンテンツを作成し、学生が自宅や外出先など大学以外の場所からでもいつでも学習できるシステムを構築しています。

3.�ノートパソコン、デジタルカメラなどの情報機器の貸し出し、教材コンテンツ制作の支援

教育実習やボランティア活動など、学外活動の際にプロジェクターやノートパソコン、デジタルカメラなどの情報機器を貸し出し、学生が自由に使える環境を整備しています。また学内にもスタジオを作り、学生が教材コンテンツを制作したり、DVDを作成したりするのを支援しています。

4.�「教員のICT活用実践力検定」の導入

学生が「教員のICT活用指導力」を確実に身に付けているかどうかを客観的に評価します。そのために、大学の一部の授業科目の単位認定に外部評価である教育情報化コーディネータ認定委員会の「教員のICT活用実践力検定」を導入し、受講生全員が検定に合格することを目指します。

「教員のICT活用指導力」育成のための4つの取り組み

教育学部の学生全員に「教員のICT活用指導力」を身に付けさせる本学の「外部評価を活用した教員養成課程におけるICT活用指導力の育成」プログラムにご期待ください。


「日本学生支援機構」の学生支援推進プログラムとは

「日本学生支援機構」の学生支援推進プログラムとは、Webページによると「大学教育・学生支援推進事業は、各大学・短期大学・高等専門学校から申請された、各大学等における学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国の高等教育の質保証の強化に資することを目的としています」とされています。大学4年間の授業内容を充実させ、「学士」として卒業するまでに社会に求められる学力や技能を身に付けさせるのが本事業の目的です。

「教育学部」関連情報


資料請求