岐阜聖徳学園大学 岐阜聖徳学園大学短期大学部

Office365 Education

Office365 Education

本学では日本マイクロソフト株式会社の包括ライセンス契約(Enrollment for Education Solutions)の締結により, 大学・高校・附属学校の在学生及び教職員がOffice365 Education A3を利用できるようになりました。

Office365とは

Microsoft社が提供するクラウドサービスで,インターネット環境があればどこからでも最新のOffice製品(Word・Excel・PowerPoint等)を無料で利用できます。
 これらサービスの中には、非常に高度なことができる反面、設定を誤ったり不十分な理解で利用したりすると、自分の個人情報だけでなく、自分以外のユーザや組織に関する情報の流出等、深刻な問題を引き起こすものもあります。
大学には様々なレベルのユーザが混在していますので、本学ではOffice 365の機能を一部 制限し、以下サービスのみを利用可能としています。

Word, Excel, PowerPointの利用

文書作成ソフトのWord、表計算ソフトのExcel、プレゼンテーション支援ソフトのPowerPointが利用できます。
※「wordだけ」といったソフト単体での導入はできません。
※「Microsoft Teams」は利用出来ません。

OneDriveの利用

OneDriveは、インターネット上のサーバにファイルを保存することのできるサービスです。保存したファイルにはネットワークを介して自由にアクセスすることができ、設定次第では、他の人とファイルを共有することも可能です。Webブラウザを使ってファイルにアクセスするだけでなく、サーバ上のファイルとパソコン・スマートフォンのファイルを自動的に同期したりすることもできます。


【サービス対象者】

大学・大学院 学部生、大学院生、専任教員、専任事務職員

【インストール可能端末】
※サービス対象者の個人所有端末で、合計最大15台までインストール可能です。

Windows、Mac端末 計5台まで
タブレット(Windows、iPad、Android) 計5台まで
スマートフォン 計5台まで

注意

  • 本サービス対象は在学生及び在籍中の教職員が対象となります。
    卒業・退職された後は利用できませんので、Microsoft 365 Apps for enterpriseはアンインストールして頂く必要があります。
  • Office365をインストールする前に、既存Officeソフトをアンインストールする必要があります。
    アンインストールする前に、既存Officeソフトのライセンス情報(認証用プロダクトキー、個人Microsoftアカウントなど)を必ずご確認ください。
  • 利用可能期間満了後は、Microsoft 365 Apps for enterpriseをアンインストールの上、お手持ちのOfficeソフトを再度インストールしてください。

Microsoft 365 Apps for enterprise利用手順

  1. ブラウザーでhttps://www.office.comへアクセスします。

  2. 大学のメールアドレス(@gifu.shotoku.ac.jp)でサインインします。

  3. Office365のポータル画面が表示されます。
    各種オンラインサービスが利用できます。

    ※本画面は2020年9月現在です。今後画面が変更される可能性があります。

Microsoft 365 Apps for enterprise インストール方法

Office365のポータル画面からインストールを行います。

  1. 「Officeのインストール」 > Office365アプリをクリックして下さい。

  2. 左下の「OfficeSetup.exe」をクリックします。

  3. 下記のような警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。

  4. インストールが始まります。
    インストールが完了するまで、10分程度必要です。インストールが終了すると、画面が自動で閉じます。

  5. インストールされたOffice製品を開き、サインインします。
    スタート > Officese製品を選択 > サインインをクリックします。

  6. 大学のメールアドレス(@gifu.shotoku.ac.jp)で認証します。
    画面の指示に従い進め,利用開始準備完了です。

タブレット端末・スマートフォンでのOffice製品の利用

  1. Office製品をApp StoreやGoogle Playからインストールします。

  2. アプリを開きサインインします。

    ※デスクトップ版のOfficeと比較すると機能制限があります。
    詳しくはマイクロソフトのホームページ等を確認下さい。