• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

イギリス「The Plant Journal」電子版に研究成果が掲載

イメージを拡大
イギリス「The Plant Journal」電子版に研究成果が掲載

本学教育学部浦和博子准教授が携わった「植物のゲノムを網羅的に比較解析することで、高温で特異的に働く遺伝子スイッチのデザイン(DNA配列の最適化)を可能にする」という研究成果が、英国国際科学専門誌「The Plant Journal」電子版(日本時間2016年11月17日7時)に掲載されました。

この研究は、本学と、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、国立大学法人岐阜大学、国立研究開発法人理化学研究所、国立大学法人高知大学、国立大学法人東京大学が行ったもので、高温で特異的に機能する遺伝子スイッチの研究は基礎生物学への貢献だけでなく、将来的には、高温障害が懸念される地域の作物開発や、温度管理された植物工場で栽培される高付加価値な作物開発へ活用されることが期待されます。

国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター ホームページ