岐阜聖徳学園大学 岐阜聖徳学園大学短期大学部

派遣留学・認定留学制度

在学中に海外へ長期留学したいという希望を持つ学生は、たくさんいると思います。自分の将来設計を頭に入れながら、十分な事前準備をした上で留学しましょう。そうすれば、留学によって得られるものは、大きなものになるはずです。
本学の留学制度としては、交換留学(現在、行っていません)、派遣留学、認定留学があり、いずれも4年間で卒業することを前提としています(外国語学部以外の学生は、教職科目や実習科目の履修の都合上、4年間では卒業できません)。

留学の種類

  留学期間 留学時期 主な特色 奨学金
外国語学部
フレッシュ海外研修
プログラム
2週間 1年次
夏期休業期間
ニュージーランド、オーストラリアなどの英語圏に留学。1年次に海外生活を体験することで語学を学ぶモチベーションを高めます。 パスポート取得、保険料などの一部個人負担以外は大学が負担
教育学部
海外教育体験
2週間 春期休業期間 教員を目指す学生(申込制20名程度)を対象にしたプログラム。
英語圏の国でのホームステイ生活や小学校等の学校訪問・交流活動を通して現地の文化や教育に触れます。
※定員に達しなかった際は、実施しない場合があります。
-
看護学部
海外研修
2週間 3年次
夏期休業期間
国際的視野で看護を考えることを目的とした選択科目。オーストラリアにて語学研修の他に、現地の医療施設見学や看護に関する講義の受講、看護学生との交流等を行う本学看護学部向けの独自プログラムです。
※定員に達しなかった際は、実施しない場合があります。
20万円を給付します。(人数制限あり)
短期大学部
国際交流
プログラム
11日
程度
1年次(第一部)・
2年次(第三部)
春期休業期間
「国際交流」授業の一環として行われる海外研修制度(申込制20名程度)。オーストリアなどで、現地の幼稚園や小学校、大学を訪問し、交流活動などを実施します。英語の学習(ESL)やホームステイにより語学力やコミュニケーション能力の向上も図ります。
※定員に達しなかった際は、実施しない場合があります。
-
派遣留学 1学期
または1学年
2年次前期
~4年次前期
学長許可の下、本学の協定校(大学付属の語学センター)へ留学します。手続きは国際交流課を通じて行います。令和2年度末時点の協定校は、次のとおりです。 留学先大学の授業料相当額を給付します(上限あり)。また選考により航空運賃も一部助成する場合があります。
認定留学 1学期
または1学年
2年次前期
~4年次前期
学長許可の下、本学の協定校以外の大学(大学付属の語学センター等を含む)へ留学します。留学先の検討から手続きまで、すべて各自で行います(国際交流課は、いつでも相談等には応じます)。留学先での授業内容等について、教授会の認定を受ける必要があります。 留学先大学の授業料相当額を給付します(上限あり)。

〔派遣・認定留学〕

出願資格

留学時に本学に1年以上在学し、かつ卒業に必要な単位数のうち、出発の前年度までに定められた単位を修得(見込みを含む)していなければなりません。

留学期間

出国日から帰国日までを留学期間とし、1学年(30週以上12か月以内)又は1学期(15週以上6か月以内)とします(期間を延長する場合は、手続きが必要です)。

海外留学奨学金

奨学金についてはこちらをご覧ください。

学生外国留学奨学金

留学期間中の学費の納入

本学の学納金

派遣留学・認定留学ともに本学学納金をすべて納入してください。

留学先大学の学費等

派遣・認定留学ともに各自ですべて納入してください。