• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

個人データの共同利用について

大学との卒業生個人データの共同利用について

「個人情報の保護に関する法律」が施行されたことにより、岐阜聖徳学園大学と岐阜聖徳学園大学同窓会では、卒業生個人のデータを共同利用します。このことについて卒業生の皆様にお知らせします。卒業生相互の親睦をはかり、卒業生と母校との関係を密にするために、本学と同窓会は、以下のような利用目的で個人データを共同利用する。

1. 利用目的

  • 同窓会事務局もしくは大学からの事務連絡および会報、各種文書の送付
  • OB・OG会等の開催に関する事務連絡および各種文書の送付
  • 同窓会員名簿の作成
  • その他、同窓会の目的を達成するために必要な事項に関する業務

2. 共同利用する個人データの項目

  • 学籍番号
  • 氏名
  • 学部・学科
  • 卒業年月日
  • 自宅(帰省先)住所
  • 自宅(帰省先)電話番号
  • 勤務先

※ 大学が保有している個人データを同窓会へ提供することは、第三者提供にあたるため本人の同意が必要となりますが、個人データを共同利用する場合には、共同利用者間での個人データの移転は第三者提供にはあたりません。(法23条4項3号)