• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

研究所の紹介

仏教文化研究所 開所10周年記念式典―岐阜聖徳学園…

2010年10月27日(水)に岐阜聖徳学園大学で仏教文化研究所 開所10周年記念式典が行われました。青木新門氏による記念講演「いのちの尊厳」とシ ンポジウム「いのちのバトンタッチ」が開催され…

SHOW!TALK!TV!

研究所の紹介

仏教文化研究所 開所10周年記念式典―岐阜聖徳学園…

2010年10月27日(水)に岐阜聖徳学園大学で仏教文化研究所 開所10周年記念式典が行われました。青木新門氏による記念講演「いのちの尊厳」とシ ンポジウム「いのちのバトンタッチ」が開催され…

SHOW!TALK!TV!

所長あいさつ

2016(平成28)年度より、岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所所長を務めさせていただくことになりました。どうぞ宜しくお願いいたします。  本研究所は2000(平成12)年に設立されました。初代所長の谷哲成短期大学部名誉教授は発足後初めて発刊された「仏教文化研究所紀要」において、設立の経緯に触れ、「今日的社会は物質文明の発達とは逆に、精神文化は衰え人間の存在自体が軽視される傾向にあり、世相の混乱は目を覆うばかりとなりました」と述べられ、続いて発足の理念となった「人は自他共に凡夫という、人間の無常性と煩悩性の自覚に基づいて、平等の精神と寛容の精神と利他の精神を強調し、万物が共に生かし生かされて在る」という北畠典生学長(当時)の言葉を紹介されています。この理念は、そのまま聖徳学園の「建学の精神」とも重なるものであります。本研究所はこの理念を具現化して、その成果を社会に発信することを使命に誕生しました。かかる意味から、まさしく本研究所は本学園の研究教育の根幹を担う責務を負う機関ともいえます。

爾来、「仏教と現代」「仏教の文化と歴史」「仏教と教育」「仏教思想と仏教哲学」「仏教と諸思想・諸宗教」「聖徳太子と仏教」等を研究テーマとして、学内の宗教学関連教員と、全国の仏教学、真宗学、哲学、比較思想領域等の主要な研究者に客員研究員として加わっていただきまして、2002(平成14)年に発刊された「研究所紀要」も現在までに15号を数えるまでになりました。2010(平成22)年には、第2代の譲西賢所長の下、開所10周年を記念した式典とシンポジウムを開催することができました。式典には映画「おくりびと」の原作者、青木新門氏をお招きして「いのちのバトンタッチ」というテーマで記念講演をいただきました。また客員研究員の方々にシンポジストとコーディネーターをお願いし、青木氏にも加わっていただき「いのちの尊厳」と題してシンポジウムを開催し、多様な立場、宗教学的・哲学的視点から議論がなされました。学外からの聴講者も多く、「いのちの問題」に対する関心は設立当初の時から変わることのない普遍的な課題であることが確認され有意義なものとなったと存じます。  また、設立当初には、上記致しました先哲のお力によって中国の中央民族大学宗教研究所、韓国の東国大学校仏教文化研究所と学術会議を開催するなど、仏教文化における国際交流の入り口を開いていただきました。その後も東国大学校とは長年にわたって学術交流を行い、相互に研究員が訪問し合って講演会や研究会を開催してまいりました。昨年度からは、新たに台湾の法鼓文理学院と学術的交流、提携することとなり、まずは9月に本研究所研究員の蜷川祥美聖徳学園宗教部長(短期大学部教授)が台湾を訪問して研究会で講演いたしました。さらに本年1月には法鼓文理学院の釋恵敏学院長にご来訪いただき、宗教行事である「報恩講と新成人のつどい」において、現代の仏教が「いのちの問題」といかに関わるのかといった実践的な内容の講義を学生向けにわかりやすく伝えていただくことができました。そして、今後も交流を続けていくことを確認いたしました。

こうした歴史と責務を有する本研究所の所長に就任することは、私の能力ではとても荷が重く、不安でいっぱいではございますが、譲前所長をはじめ、皆さまのお力添えを得て、この岐阜の地から仏教文化を内外に広く発信できますよう微力を尽くしてまいりたいと思います。ご支援宜しくお願い申し上げます。


岐阜聖徳学園大学 仏教文化研究所所長 河智 義邦

研究所の活動

平成16年度は、客員研究員のご尽力によって、『本研究所紀要第4号』を特別企画『学園創立40周年記念特集号 聖徳太子と仏教』として発行できました。本学の建学の精神をより具体的に周知する一助になれば幸いです。

平成17年度は、大韓民国東国大学との学術交流として、本学岐阜キャンパスにおいて両大学研究員による講演会を開催。
また、研究紀要は例年通り、年度末に発行します。

連絡先

岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所
〒501-6194 岐阜県岐阜市柳津町高桑西1-1
TEL: 058-279-0804/FAX: 058-279-4151