• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

3つの学び

経済情報学部では、「専門科目」の幅広い履修科目の中から、興味のある分野や、進路に関連した学びを選択できます。コースのように明確に分かれるものではないため、進路に対する考え方が変った場合でも、年度の途中(前期/後期)で変更が可能です。

3つの分野を組み合わせて学ぶ(専門科目)

[経済]人間心理と経済を学ぶ

社会保障制度の仕組み、市場・投資情報の分析などを学び、人間心理が経済・金融をどう動かすか考えていきます。

[経営]ビジネスを学ぶ

消費者のニーズの把握・理解、マーケティングの方法などを学習し、企業活動と地元経済の関係を考察していきます。

[情報]情報技術の活用を学ぶ

情報処理ソフトの利用法やプログラミングなどを学び、情報化社会における高度なコミュニケーション技術を身に付けます。

教育機関への就職を目指す

幅広く経済・情報と教職・一般教養を学ぶ必要があります。「人間心理と経済を学ぶ」と「情報技術の活用を学ぶ」を中心に履修します。

学びの
キーワード
自立と教育/心理と教育/能力と教育

公的機関への就職を目指す

幅広く経済・情報と教職・一般教養を学ぶ必要があります。「ビジネスを学ぶ」と「人間心理と経済を学ぶ」を中心に履修します。

学びの
キーワード
法律と社会/経済と社会/市場と教育

地域の企業への就職を目指す

IT社会の仕組みや地域における企業活動を学ぶ必要があります。「情報技術の活用を学ぶ」と「ビジネスを学ぶ」を中心に履修します。

学びの
キーワード
地域と産業/消費と心理/業務と技術

情報技術者としての就職を目指す

情報を使ったコミュニケーションを学ぶ必要があります。「情報技術の活用を学ぶ」と「ビジネスを学ぶ」を中心に履修します。

学びの
キーワード
情報通信技術/プログラミング/クラウドサービス/Webデザイン

金融機関への就職を目指す

経済・金融の働き、企業活動を学ぶ必要があります。「ビジネスを学ぶ」と「人間心理と経済を学ぶ」を中心に履修します。

学びの
キーワード
金融と企業/金融と経済/経営と企業

起業を目指す

マーケティング、消費者心理、商取引を学ぶ必要があります。「情報技術の活用を学ぶ」と「ビジネスを学ぶ」を中心に履修します。

学びの
キーワード
市場と起業/金融と株式/経営と戦略

カリキュラム

 
 
 
 
大学で学ぶための
基礎知識を身に付けます。
将来を見据えた専門
分野の学びがスタート。
インターンシップなど
で実践力を養います。
社会人に求められる
資質を磨きます。
大学で学ぶために必要な読解力や論理的な考え方などを学びます。その後、経済学や情報技術の基礎をしっかりと学習します。 専門分野の学びが本格的にはじまります。自分の興味関心や将来の進路に合わせて科目を選択します。また、ファイナンシャルプランナーなどの資格取得も目指します。 ゼミでの学びがはじまるとともに、企業でのインターンシップもスタート。実践力を養いながら、就職活動の準備をはじめます。 専門知識を深めるとともに、ビジネスの現場で必要とされるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを磨きます。
 
 
 
 
カリキュラムのポイント
授業PICK UP
毎日の講義に、発見がある。気付きがある。

「経済情報学部」関連情報


資料請求