• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • 地域の方へ
  • 教育学部
  • 外国語学部
  • 経済情報学部
  • 看護学部
  • 大学院
  • 短期大学部
  • 大学概要
  • 学生生活
  • 就職資格
  • 図書館・研究機関

クリスタルプラン



教員養成GPとは

GPは「Good practice」の略で、社会的要請の強い政策課題に対応したテーマを設立し、各大学などから応募された取り組みの中から優れた教育プロジェクトを選定し、財政支援を行うことで教育の活性化を促進する、文部科学省が認定する教育支援制度です。


Point 1
1年次からの教職体験

一般の大学では教職科目として学生が教育現場へ赴くのは「教育実習」のみ。本学では、通常の教育実習とは別に、地域の小・中学校、幼稚園などと連携して、1~4年次まで、4年間とおして行います。


Point 2
本学ならではの豊富な実習先

本学では14市11町の教育委員会との連携のもと、その管下の小・中学校、幼稚園、特別支援学校などの教育現場へ行き、実践的経験をとおして教育諸能力を身に付けます。



教職体験科目群

教職体験科目群
  • 学校ふれあい体験(1年)
  • 教育実践観察(2年)
  • 教育実習(3年)
  • 学校インターンシップ(3,4年)

他大学にはない、本学教育学部の大きな特長である「クリスタルプラン」。これは市町の教育委員会やその管下の学校との強い連携に基づいて、1年次から4年次までの4年間で系統的な教職体験を小学校、中学校、幼稚園、特別支援学校などの現場で行い、即戦力として活躍できる実践的な指導力を身に付けようとする教育プロジェクトです。他大学の教育学部で行われるより、はるかに多くの実習が経験できるため、学生たちが年次ごとに成長していきます。


子ども理解科目群

子ども理解科目群
  • フレンドシップ活動

キャンパスにおいて、近隣の小学生約150人とイベントを年7回にわたって行います。学生自身が企画・運営するのが大きな特長です。ひとつのことをみんなで成し遂げる体験を積むことで、学校行事の運営に必要な能力を育みます。


クリスタルプラン

「教育学部」関連情報


資料請求